リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

リウマチと関節リウマチ

「リウマチ」は特定の病気の名前ではなく、関節・筋肉・骨など運動器官の痛みを伴う病気の総称で、リウマチ性疾患を指します。日本において一般的にリウマチという場合は、関節リウマチという特定の病気を指していることが多いですから、混同しない注意が必要です。リウマチ性疾患(広義のリウマチ)には、関節リウマチ(RA:Rheumatoid Arthritis)をはじめとして、変形性関節症(痛みを伴う骨が変形する関節症)、痛風(足の親指の激痛が特徴的)、他の膠原病、感染症、悪性腫瘍などを含めて何百種類もの疾患が含まれます。

代表的なリウマチ性疾患である関節リウマチ(RA)の日本における患者数はおよそ80万人といわれています。関節リウマチ(RA)は老人特有の「関節の痛みがある病気」と思っていませんか?関節リウマチ(RA)の発症年齢のピークは30~40歳代で、性別では女性に多いといわれています。ですが、15歳未満で発症する若年性関節リウマチや、60歳代から発症する高齢発症関節リウマチもあり、関節リウマチ(RA)の発症年齢は幅広く、高齢発症関節リウマチになると、男女の発症率に大差はありません。

関節リウマチ(RA)は免疫異常が原因の慢性炎症によって関節破壊を生じます。症状の悪化手前の早期に診断して治療を開始することが大切です。そして、関節リウマチ(RA)は慢性疾患ですから、信頼できる専門医による計画的な治療が大切です。関節に腫れや痛みが続いている場合は、早めに専門医に相談して下さい。

 - リウマチとは

PC用

PC用

  関連記事