リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチはどんな病気

関節リウマチ(RA)とは、症状として主に関節滑膜に炎症が起きて関節の痛みや腫れが起こり、進行すると関節破壊で関節が変形して、やがては機能障害が起こる病気です。関節リウマチは、関節の痛み・腫れ・こわばりだけでなく倦怠感・微熱・食欲不振などの全身症状を伴います。

関節リウマチ(RA)の発病は男性よりも女性に多く(約3倍)、発病年齢としては30~50歳代が多い病気です。必ずしも慢性でないことから、慢性関節リウマチとは呼ばず、「慢性」を取って「関節リウマチ」と呼ぶようなっています。

関節リウマチ(RA)の発病の原因は明確には分かっていませんが、「遺伝的背景に環境因子が絡み合って発病する自己免疫疾患」が有力と考えられています。関節リウマチは治り難い病気とされていましたが、治療法の進歩により、現在は完治は難しいものの、それに近い状態(寛解)に持ち込み、痛みを抑え、且つ病気の進行をかなり抑えられるようになっています。

関節リウマチ(RA)の治療方法には基礎療法・薬物療法・リハビリテーション療法・手術療法などがあります。早期診断と早期からの適切な治療が将来を左右します。関節リウマチは長く付き合っていかなければならない病気です。関節リウマチという病気を正しく知ることと、安静と運動や食事などの毎日の生活が治療の要になります。

※関節リウマチ(RA):Rheumatoid Arthritis

※滑膜:滑膜は血管に富んだ結合組織からなる薄膜で、関節の内側を覆って、関節が滑らかな運動をするための滑液を産生したり、関節軟骨を保護しています。

 - 関節リウマチとは

PC用

PC用

  関連記事