リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチと妊娠出産

関節リウマチ(RA)は、男性よりも圧倒的に女性に多く、発症しやすい時期(年代)が妊娠出産の時期(年代)に重なってしまう病気です。関節リウマチ患者の女性にとって、妊娠・出産・育児においてリスク(医学的・社会的・経済的なリスク)を伴うことは無視できませんが、関節リウマチ(RA)であっても妊娠出産は可能です。

関節リウマチ(RA)の病状にもよりますが、通常は普通分娩です。妊娠出産が可能かどうかについては、妊娠するときの条件があります。関節リウマチ(RA)で妊娠出産する条件とは、関節リウマチ(RA)が上手くコントロールされていて、体調が安定していること、が大前提としてあります。先ずは主治医と相談して、万全な準備を整えてから出産に臨むことが肝要です。主治医と産婦人科医との連携も不可欠です。関節リウマチ(RA)ならば、ハイリスクの状態を引き起こすような無計画な妊娠は真に避けなければなりません。

抗リウマチ薬の中には、使用中に妊娠してはいけない種類の薬が数多くありますし、非ステロイド系抗炎症薬では、妊娠期間中の使用に関する安全性が確立されているとはいえません。抗リウマチ薬や非ステロイド系に比べて、ステロイド系の薬剤は妊娠中でも安全に使用できるとされています。このように、関節リウマチ(RA)の治療薬は妊娠出産に大きく影響しますから、妊娠に備えて、関節リウマチの治療薬を切り替えるなど治療方法の準備も必要です。妊娠前から妊娠初期には薬の中止や制限がなされますが、期間や薬の種類については様々な基準があるようです。

妊娠によって関節リウマチ(RA)の病状に変化が生じます。妊娠中期にはホルモンの影響で関節リウマチ(RA)の症状が軽快することが多く、薬治療が不要なほど調子がよいケースもあります。ただ、妊娠中に関節リウマチ(RA)が軽快しても産後には悪化する場合が多いので、妊娠中に治療を休止できていたとしても、産後すぐに治療を再開することが大切です。

授乳と薬の関係も要注意です。妊娠初期の胎児と比べた場合、乳児に対する医薬品の影響は小さいようですが、授乳を通して母体の医薬品は乳児に移行します。薬を飲むならば母乳の授乳を行ってはいけない、といった禁忌とされる薬もあります。授乳と薬に関しては医師と相談してください。

 - 関節リウマチとは

PC用

PC用

  関連記事