リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチと遺伝

関節リウマチの原因は解明されていませんが、関節リウマチ(RA)の発症には遺伝的因子と環境的因子が複雑に関与していると考えられており、関節リウマチ(RA)そのものは遺伝疾患(病気が直接遺伝する遺伝病)とは考えられていません。

関節リウマチ患者の血縁者に関節リウマチの人が多いことが経験則的に知られていますが、関節リウマチ発症における遺伝因子の影響は絶対的なものではなく、発症に関わる関与は遺伝がおよそ30%で、残り70%は環境因子であるといわれています。高血圧や糖尿病のように、複数の遺伝的因子が関節リウマチ(RA)に関与していると考えられています。

関節リウマチ(RA)に深く関係していると考えられているのがHLA-DR4型で、HLA-DR4型が陽性の人が関節リウマチ(RA)になりやすいといわれています。ただし、関節リウマチの患者すべてがこの遺伝子を持っているわけではなく、関節リウマチ患者の60-70%くらいが持ち、健康な人でもおよそ40%がこの遺伝子を持っているといわれています。
HLAは関節リウマチ(RA)の発症を決定する遺伝要因というよりは、関節リウマチ(RA)の遷延化や重症化に関与するとも考えられています。日本人ではHLA-B1*0405が重症化しやすいといわれています。

※HLA(Human Leukocyte Antigen):白血球と血小板に存在する抗原で、細胞のレベルで自分と他人(自己と非自己)を見分ける、親から子供に受け継がれる自他認識のマーカーです。白血球だけの血液型ではなく、赤血球以外の体中の細胞に存在する型であることがわかっています。体の免疫反応に大きく関与しているため、骨髄や臓器の移植の成否に大きく影響します。

 - 関節リウマチの原因

PC用

PC用

  関連記事