リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

女性に多い関節リウマチ

関節リウマチ(RA)の患者数の約80%が女性と、関節リウマチ(RA)は圧倒的に女性に多い病気です。関節リウマチ(RA)に限らず、自己免疫疾患は男性よりも女性の罹患率のほうが総じて高く、女性に多い病気になっています。

関節リウマチ(RA)を含む多くの自己免疫疾患が女性に多い病気である理由には、自己免疫反応を活性化する女性ホルモンや、妊娠出産に伴う免疫システムの影響が挙げられます。
プロラクチン(乳腺刺激ホルモン)やエストロゲン(卵胞ホルモン)といった女性ホルモンには、抗体産生を活性化させやすい性質、つまり自己免疫反応を高める働きがあります。また、妊娠中は胎児を異物と見なさないようにするために副腎皮質ステロイドホルモンによって免疫の働きが抑制されますが、出産後はその抑制が解除された反動で一時的に免疫機能が高まって自己免疫疾患が起こりやすい状態になります。妊娠中に軽減していた関節リウマチ(RA)が、出産後に症状が悪化したというケースが多いのはこのためです。
このように、女性の体は、女性ホルモンの特徴ゆえに、免疫システムが複雑で、自己免疫疾患が発症しやすいといえます。

※免疫システムとは、体内に侵入しくる細菌やウイルスなどを攻撃する重要な仕組みです。ところが、自分自身を攻撃目標とする抗体(異物に反応する物質)が体内に作られることがあります。これが自己免疫です。

 - 関節リウマチの原因

PC用

PC用

  関連記事