リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの診断基準

関節リウマチ(RA)の診断基準として多用されているのが米国リウマチ学会(ACR)の診断基準です。この関節リウマチ(RA)の診断基準では、7項目のうち4項目以上を満たす場合に関節リウマチ(RA)と診断されます。だだし、早期の関節リウマチ(RA)では4項目を満たさないこともあり、診断基準を満たさない場合でも、総合的に判断して治療を開始することがあるようです。その理由は、関節リウマチ(RA)は早期から治療を開始する方が関節破壊予防によいとの考えに基づきます。だだし、関節リウマチ(RA)の症状は、特に発病初期には個人差が大きく、関節リウマチ以外にも関節の痛みを伴う症状の病気も多くありますから、リウマチ専門医による診断が不可欠になります。

関節リウマチ(RA)の診断基準(米国リウマチ学会)

次の7項目中、4項目以上に当てはまる場合に、関節リウマチ(RA)と判断します。関節の腫脹がポイントで、しかも、多発性、対称性、慢性が条件です。関節リウマチ(RA)は血液検査で診断できると思っている人も多いですが、血液検査はあくまでも診断基準の1項目です。

  • 1)朝のこわばりが1時間以上続く(6週間以上)
  • 2)3つ以上の関節領域の腫脹(腫れ)がある(6週間以上)
  • 3)手指の第2関節(PIP関節、近位指節間関節)、第3関節(MP関節、中手指節間関節)、または手の関節に腫脹(腫れ)がある(6週間以上)
  • 4)対称性(左右対称)の関節に腫脹(腫れ)がある(6週間以上)
  • 5)手のX線検査で関節にRA特有の異常所見(変化)がある
  • 6)皮下結節(リウマチ結節)がある
  • 7)血液検査でリウマトイド因子(リウマチ因子、リウマチ反応)が陽性

 - 関節リウマチの診断

PC用

PC用

  関連記事