リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの検査

関節リウマチ(RA)診断に当たっての検査で決め手になる特異的なものはありませんが、血液検査・尿検査・関節液検査・X線検査(レントゲン検査)・MRI検査などの有用な検査があります。関節リウマチ(RA)の診断は早期であるほどむづかしく、何回か検査を繰り返すことがあります。
検査データだけでなく、触診や自覚症状も診断上大きなポイントになります。

関節リウマチ(RA)の確定診断のための検査としてリウマトイド因子・抗核抗体・関節液検査・関節レントゲン検査・抗CCP抗体が、症状を把握判定するための検査として血沈・CRP・SAA・MMP-3・関節X線検査が、薬の副作用を調べるための検査として末梢血検査・検尿・便検査・生化学検査などが行われます。

関節リウマチ(RA)の診断に用いられる検査

 血液検査

リウマチ反応(RF、リウマチ因子、リウマトイド因子)、血沈(ESR、赤沈)、CRP(C反応蛋白)、抗CCP抗体、といった血液検査があります。関節リウマチの可能性を調べる検査で、他病気との鑑別を行う検査でもあります。

 尿検査

尿検査だけで関節リウマチの診断はできませんが、他病気との鑑別の手がかりになる検査です。

 関節液の検査

正常な関節液は黄色透明で、ムチンを多く含むため適度な粘り気があります。関節リウマチ(RA)の関節液は白く濁っていて、ムチンが減少するために粘り気が低下します。
関節リウマチ(RA)の関節液には、炎症反応を示す白血球の増加傾向がみられ、リウマチ因子(リウマトイド因子)や免疫複合体が認められます。

 X線検査(レントゲン検査)

関節リウマチの診断だけでなく、関節の破壊の程度といった病気の経過(進行)の観察に、レントゲン検査は重要な検査です。

 MRI検査

MRI検査は、レントゲン検査では捉えにくい滑膜の炎症やわずかな 骨の変化を捉えるのに有用な検査です。

 - 関節リウマチの診断

PC用

PC用

  関連記事