リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

リウマチ因子(リウマチ反応)とは

リウマチ因子は正式にはリウマトイド因子のことです。リウマトイド因子を測る検査が俗にいうところのリウマチ反応で、免疫異常を調べる検査です。リウマチ因子とは、自分の体の免疫グロブリンに対する抗体(自己抗体)で、関節リウマチ患者の約80%が陽性になるため、関節リウマチ(RA)の診断や重症度判定を目的に検査します。

よく知られているリウマチ因子の測定法にIgM型のリウマチ因子(RF)を測定するRAテスト(リウマチ因子スクリーニング)やRF定量検査(リウマチ因子定量)やRAPAテストがありますが、他にIgG型のリウマチ因子(RF)を測定するIgG-RFテストという測定法などがあります。
RAテスト(リウマチ因子スクリーニング)は、関節リウマチを診断するために、血清中のリウマトイド因子(RF)の有無を調べる検査で、正常値は陰性(-)です。RF定量検査(リウマチ因子定量)はリウマチ因子を定量する検査で、より詳細な関節リウマチの経過観察や治療効果の判定に有用な検査で、使用する試薬によって基準値(正常値)が異なります。IgG-RFテストは、主に関節リウマチの活動性や重症度の判定、治療効果のモニタリングに用いる検査です。また、IgG-RFは関節炎よりも血管炎に関係していることから、血管炎の予知に役立ちます。

リウマチ因子の検査は診断や治療効果を調べるのに有用な検査ですが、絶対的なものではありません。例えば、関節リウマチ(RA)であってもリウマチ因子がずっと陰性の患者や、関節リウマチの発症初期には陰性のことも多いようです。また、関節リウマチ(RA)以外の病気や他膠原病で陽性になるケースや、健康な人(特に老人)や感染症において陽性になることもあるため、リウマチ因子が陽性であるからといって必ずしも関節リウマチ(RA)ではないことになります。つまり、関節リウマチであっても陰性になる可能性があり、関節リウマチ以外の病気でも陽性になることがある、ということです。

関節リウマチの診断はリウマチ因子の検査だけに頼らず、総合的な判断が要求されます。尚、関節リウマチ患者において、リウマチ因子の検査結果の数値と重症度は比例する傾向にあり、数値が高いほど重症になりやすく、関節の変形が進みやすい傾向にあるようです。また、薬が効いてくると数値はある程度下がるようです。

※リウマトイド因子: RF(Rheumatoid Factor)、リウマトイドファクター

 - 関節リウマチの診断

PC用

PC用

  関連記事