リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの薬物療法

関節リウマチ(RA)の薬物療法に用いられる薬には、抗リウマチ薬(DMARD)、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)、ステロイド(副腎皮質ホルモン薬)などがあります。近年は、更に生物学的製剤と呼ばれる薬も用いられるようになりました。

関節リウマチ(RA)の薬治療のかつての方法は、副作用が少ない薬から用いて、薬の効果が不十分な場合に徐々に強い薬に切り替えるのが一般的でした。例えば、非ステロイド系抗炎症薬で効果が不十分ならば抗リウマチ薬を使うといった方法です。

昨今は、切れ味の良い薬をまず用いて、長期間使えて副作用の少ない薬に徐々に切り替えていく方法が取られるようになってきています。例えば、早期に抗リウマチ薬の使用を開始して、必要に応じて非ステロイド系抗炎症薬やステロイド(副腎皮質ホルモン薬)を併用し、抗リウマチ薬の効果があれば抗炎症薬を減らしたり中止したりします。抗リウマチ薬の効果が不十分な場合は、更に強い抗リウマチ薬に切り替えられたりします。

関節リウマチの治療に使う薬に限らず、副作用の全くない薬はありません。薬の副作用も含めて医師から十分な説明を受けて、医師の指示通りに薬を使用することが重要になります。疑問がある場合は医師に聞いて解決しておきましょう。

関節リウマチ(RA)の薬物療法の効果と副作用

 抗リウマチ薬(DMARD)

炎症の原因になっている免疫異常に働きかけて、病気の進行そのものを抑えることを目的とした薬です。1ヵ月~半年ほどの期間で薬の効果の判定をします。薬の効果が不十分な場合は、他の抗リウマチ薬(DMARD)に切り替えたりします。抗リウマチ薬の使用開始から数ヶ月の間に副作用が出てくることが多いようです。医師の指示に従った服用が重要です。

 非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAID)

関節リウマチ(RA)の痛みと炎症を抑える薬です。消炎鎮痛剤(NSAID)の薬のタイプは飲み薬・坐薬・貼り薬・塗り薬・注射薬と様々です。副作用で多いのが胃腸障害で、特に胃・十二指腸潰瘍(NSAID潰瘍)に注意を要するとされています。この副作用は飲み薬だけでなく坐薬でも起こることがあります。

 副腎皮質ホルモン(ステロイド)

消炎鎮痛剤(NSAID)よりも効果が強く、炎症が激しい場合などに使用する薬です。長期使用で副作用が出現するため少量の使用が望ましいとされています。ステロイドの薬には、飲み薬・塗り薬・の他に、関節の中に直接注射する薬があります。

 - 関節リウマチの治療

PC用

PC用

  関連記事