リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチのリハビリ治療

関節リウマチの痛みで長い期間安静状態でいると、筋肉が萎縮したり、関節が固まって動かなくなってしまうことがあります。そこで、運動機能を妨げる関節の痛みといった症状を軽減したり、日常生活動作(ADL)を維持できるリハビリテーション・プログラムが必要になります。理学療法(物理療法・運動療法) 、作業療法、装具療法といった種類があります。リハビリ治療は関節リウマチにとって重要な治療で、基本は運動療法です。

関節リウマチのリハビリテーションの目的は、関節が固まって関節が動かなくなるといった機能低下や、関節を動かさないことで進行する関節の変形の予防や、筋力の低下や骨粗しょう症の進行を予防することです。毎日行うことが重要で、病院での理学療法士や作業療法士によるリハビリ治療だけでなく、患者の自主訓練が重要とされています。

関節リウマチのリハビリテーションは、毎日続ける、無理や過度にならない注意、自主的に行うことがのポイントになります。症状が安定している場合は在宅でも可能ですが、リハビリを行うタイミングがあります。炎症の強いときは痛みをコントロールして局所を安静にすることを優先します。炎症が落ち着いたら関節の運動や筋力増強などのリハビリテーションを行います。

関節リウマチ(RA)のリハビリ治療

 理学療法(物理療法と運動療法)

物理療法:関節リウマチの物理療法の種類には、温熱・光線療法(パラフィン浴、極超短波療法、超音波療法、ホットパック)、水治療法(過流浴、気泡浴)、電気療法(TENS、SSP、低周波治療法)、寒冷療法(アイスマッサージ、アイスバック)などの種類があります。関節の痛みや腫れの軽減、局所の血行改善や筋肉の緊張の改善などを目的としています。
運動療法:関節リウマチの運動療法の種類には、関節可動域改善訓練、筋力増強訓練、他動的ストレッチ体操、などの種類があります。関節リウマチに伴う関節機能(関節の可動域の維持や拡大)と筋力低下を予防改善することが目的としています。実際のリハビリ治療は、関節リウマチ専門医の指示を受けて、理学療法士が患者さんとマンツーマンで行われます。

 作業療法

関節リウマチの作業療法の種類には、ADL訓練、機能的作業療法、趣味的作業療法などの種類があります。作業療法は、病院では作業療法士や理学療法士の指導のもとに行われます。ADL動作の改善、QOLの向上を目的としています。

 装具療法

慢性関節リウマチが進行すると、関節の動きが悪くなったり不安定になるなど関節機能が低下します。装具療法は、補装具を関節に装着して、ある程度固定しすることで関節の安静と支持性を保ち、進行を予防することを目的としています。関節リウマチで使われる代表的な装具の種類には、サポーター・杖・頚椎カラーなどがあります。作業療法士や理学療法士と相談して、関節リウマチの症状に適した装具を選ぶのがよいです。

※ADL: 日常生活動作 activities of daily living
※QOL: 生活の質 quality of life

 - 関節リウマチの治療

PC用

PC用

  関連記事