リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの手術治療

関節リウマチ(RA)の病状が進行すると関節破壊などが起こって様々な機能障害が生じてきます。関節リウマチの治療として、薬物治療で活動性をコントロールしたり、可動域訓練や筋力増強トレーニングなどのリハビリテーションを行ったり、理学療法や装具で改善を図る、などの治療努力にも関わらず、関節の痛みが軽減しなかったり、関節障害による歩行困難などで日常生活に支障が出る場合は手術療法が検討されます。

薬物療法やリハビリテーション療法は関節リウマチ(RA)の治療初期から開始されますが、手術療法を行う時期はタイミングを見極めることが大切です。手術は関節リウマチ自体を治す治療法ではありません。
どの手術を受ける場合でも、手術の必要性や手術によるデメリットなどについて、担当の医師とよく相談することが大切です。関節リウマチの手術には、人工関節置換術・滑膜切除術・関節固定術・関節形成術などがあります。

関節リウマチ(RA)の手術治療

 人工関節置換術

人工関節置換術とは、関節リウマチで高度に破壊された関節を人工関節に置き換えることで、関節の痛みを取り除いて関節機能を再建することを目的とした機能再建手術です。人工関節置換術は肩・肘・指・股・膝・足・足趾に行われます。特に股関節や膝関節の人工関節置換術は、関節リウマチだけでなく変形性関節症にもよく行われている手術です。

 滑膜切除術

滑膜切除術とは、炎症で腫れた関節滑膜を切除する手術です。主に滑膜切除術が行われる関節は肘・手関節・指・足関節などです。滑膜切除術は、関節の痛みや腫れを改善したり、関節の可動域を向上させて、関節破壊(骨や軟骨の破壊)の進行を防ぐことを目的としています。以前の滑膜切除術は関節を切開して行う手術でしたが、昨今は関節鏡視下で行う鏡視下滑膜切除術が多くなっています。

 関節固定術

関節固定術とは、関節の可動性は失われますが、痛みを取り除き支持性を得ることを目的に行う手術です。主に関節固定術が行われるのは、動かさなくともさほど困らないような関節の頚椎・手関節・足関節・手指(特に母指)や足の母趾などです。

 関節形成術

関節形成術とは、広義では人工関節置換術も含む、関節を再構築する手術です。関節の形状が残っている状態の時に、関節の一部を削ったり形を整えたりして、機能改善・外観修復・痛み軽減を目的に行う手術です。足趾・手首・肘・指などで行われますが、全ての関節に行える手術ではありません。

 - 関節リウマチの治療

PC用

PC用

  関連記事