リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの貧血

関節リウマチ患者の6割以上に軽度から中程度の貧血症状がみられます。関節リウマチに合併する貧血といっても原因は様々です。関節リウマチに合併する貧血としては、炎症性貧血、鉄欠乏性貧血、腎性貧血、骨髄性貧血が挙げられます。

関節リウマチでは貧血を合併しやすくなることから、貧血検査が行われるようですが、関節リウマチではヘモグロビンが8g/dL以下といった重症の貧血ということはまずありません。
貧血が急速に進行してくる場合は、どこかに出血がある可能性があります。微熱や息切れ、頭痛、疲労感といった貧血の症状が出現したならば、医師に相談して早めに原因を突き止めることが必要です。

関節リウマチに合併する貧血

 慢性炎症性貧血

炎症性貧血とは、関節リウマチの慢性的な炎症によって産生され増加した炎症性サイトカイン(炎症反応物質)が、骨髄での造血を抑制したり、赤血球の寿命を短くすることで起こる貧血です。関節リウマチに活動性に一致して現われ、関節リウマチの症状が軽くなる(炎症が軽くなると)と貧血は改善するようです。炎症性貧血の治療は、関節リウマチのコントロールになります。

 鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血とは、造血に必要な鉄が不足することで起こる貧血です。鉄欠乏性貧血は食生活で鉄分が不足すると起こりやすいのですが、関節リウマチにおける鉄欠乏性貧血の原因には、関節リウマチの治療に用いられる消炎鎮痛剤(痛み止め)などの薬剤によって引き起こされる消化器の潰瘍(胃潰瘍)や出血といった副作用が考えられます。鉄欠乏性貧血は慢性炎症性貧血と合併していることが多いようです。

 腎性貧血

腎性貧血とは、腎臓の機能の低下(赤血球を産生を促進するエリスロポイエチンとよばれるホルモン分泌が悪い)によって起こる貧血です。関節リウマチ患者は筋肉量が少ない傾向にあるため、腎臓が悪くなっていても血液検査に現われにくい特徴があります。腎性貧血は慢性炎症性貧血や鉄欠乏性貧血を合併していいることが多いようです。

 骨髄性の貧血・再生不良性貧血

関節リウマチの治療薬の抗リウマチ剤(特にリウマトレックス)や鎮痛剤は、骨髄での造血を抑制することがあります。原因になっている薬剤の使用中止が必要です。

 - 関節リウマチの合併症

PC用

PC用

  関連記事