リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの食事

関節リウマチ固有の特別な食事療法は確立されていませんが、関節リウマチが消耗性の疾患であることから、良質のたんばく質・ビタミン・ミネラルなどに富んだ栄養バランスの良い食事が、関節リウマチの食事療法になります。

食欲不振対策としては、食材選びだけでなく、献立・調理・盛りつけなどを工夫した食事にします。関節リウマチの薬治療の副作用などによって関節リウマチに合併しやすい貧血や骨粗鬆症などの関節外症状の予防対策としての食事であることも大切です。

関節リウマチの症状が進行していて身体活動量が減ってくると、今までどおりの食事ではエネルギー摂取量が多すぎて肥満に繋がることがあります。肥満は関節や骨に負担をかけることにもなりますから、適切なエネルギー量を摂取して標準体重を維持する注意が必要です。1日に必要なエネルギー量については主治医に相談してください。

関節リウマチのための食事

 消化のよい食べ物(食品)

関節リウマチでは、薬を長期間にわたって服用し続けことで胃腸障害が起こりやすいです。胃や腸の働きを弱めないことが肝要です。消化の良くない食べ物や食事には注意が必要で、身体が冷える食べ物(食品)も頻繁に食するのは避けた方がよいです。

 カルシウムが豊富な食べ物(食品)を摂る

関節リウマチは骨粗鬆症(骨粗しょう症)を合併しやすいです。そのため、日頃の食事で、カルシウムを多く含んだ食品を積極的に摂取することが望まれます。カルシウムの吸収を促すビタミンDも一緒に摂取します。塩分やリンの過剰摂取はカルシウムの吸収を阻害してしまいます。インスタント食品・加工食品・清涼飲料水には注意が必要です。

  • カルシウムを多く含む食べ物(食品):牛乳、乳製品、小魚類、殻を食べるエビ、大豆、ホウレンソウ、コマツナ、ヒジキ、ゴマ
  • ビタミンDを多く含む食べ物(食品):マグロの刺身、いわし、かつお、レバ-、卵黄、乾し椎茸、きくらげ

 良質のたんぱく質を含む食べ物(食品)を摂る

慢性的に炎症が続いて体力を消耗する関節リウマチでは、タンパク質は重要です。また、関節の機能低下が進むと、筋力の保持は非常に重要で、良質のたんぱく質を摂ることが必要です。

  • 良質のタンパク質を含む食べ物(食品):肉や魚の他、豆腐や納豆などの大豆製品

 ビタミンやミネラルが豊富な食べ物(食品)を摂る

関節リウマチでは、慢性的な炎症により、からだが消耗して鉄が欠乏して貧血を起こしやすくなります。鉄分の吸収を助けるビタミンCが豊富な野菜や果物を一緒に摂るのがよいです。ミネラルを多く含む海藻類は、慢性的に炎症が続いて体のエネルギーを多く消耗する病気である関節リウマチには欠かせない食べ物(食品)です。

※関節リウマチの薬治療に用いられるステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)や抗リウマチ剤など、薬の副作用による合併症や症状に対しては、それぞれの食事療法に準じます。

 - 関節リウマチと生活

PC用

PC用

  関連記事