リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの冬季対策

冬の季節は関節リウマチの病状が悪化することが多い時期で、関節リウマチ患者にとって寒い冬は厄介な季節になります。関節痛やこわばりの症状は冬に悪化しやすいため、身体や関節を冷やさない対策が大切です。レイノー現象の症状がある場合は、冬季は特に注意が必要で、適切な対策が大切です。
冬の季節は持病のない人でもウイルス感染などによる風邪に罹りやすい季節です。関節リウマチ患者にとっては、更に細心の注意が必要です。

できるかぎりの予防対策で関節リウマチの病状悪化を防ぎましょう。

関節リウマチの冬対策

 関節リウマチの関節痛やこわばり

体や関節を冷やさないように防寒対策をします。また、こわばりが強くとも積極的に関節を動かすことで、血液の流れが改善され、症状の改善が期待できます。

 レイノー現象の症状

レイノー現象の症状を予防対策は、手の保温が何より大切です。ただ、レイノー現象を完全に予防することは難しく、薬治療で症状を和らげたり症状が出ている期間を短縮するることができるようです。主治医と相談してください。

  • 外出時には手袋を着用します。
  • 水仕事には温水を使います。
  • 精神的緊張はレイノー現象の症状を悪化させます。リラックスした気分に保つことが大切です。

 風邪予防対策

ウイルス感染などによる風邪は、関節リウマチの病状を悪化させる可能性があります。インフルエンザ予防ワクチンの接種については、賛否両論があるようです。主治医と相談してください。

  • 外出から帰宅後は、必ずうがい・手洗いをします。
  • 乾燥は風邪をひきやすくする原因です。加湿器などで室内が乾燥しすぎないように調節します。
  • 風邪をひいてしまったら、早期に風邪を治す努力をします。風邪薬を服用する場合は、服用中の治療薬との飲み合わせについて、主治医に相談します。(一般的に、ステロイドホルモン剤などの治療薬と風邪薬との併用は問題ないとされています。)
※レイノー現象とは、寒冷刺激によって手指や足先やが白く偏食する症状で、冷感・痺れ・痛みなどの症状を伴います。レイノー現象の程度が強いと白くなった後に紫色になったりします。レイノー現象の本体は指先の循環障害です。レイノー現象は、基礎疾患としての強皮症や混合性結合組織病(MCTD)に高頻度でにみられる症状ですが、全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)などにもみられる症状です。基礎疾患を認めないレイノー現象の症状のみの疾患をレイノー病といいます。

 - 関節リウマチと生活

PC用

PC用

  関連記事