リウマチ情報館

関節リウマチの原因・症状・合併症・治療やリウマチの基礎知識についての情報サイトです

関節リウマチの専門医

関節リウマチの治療においては、早期診断と早期治療が関節リウマチ克服のポイントになります。関節リウマチの早期診断は難しいですから、関節リウマチが疑われる場合は、リウマチ専門医やリウマチ登録医といった、関節リウマチを扱う医師の診察を受けることをおすすめします。

関節リウマチを含む、リウマチ性疾患や膠原病を専門に扱うエキスパートがリウマチ専門医です。最善の治療を受けるためには、関節リウマチの治療に精通した医師を選ぶことも重要です。
関節リウマチを扱う医師には、リウマチ専門医とリウマチ登録医があります。リウマチ専門医とは、日本リウマチ学会が認定する資格で、リウマチ認定医と呼ばれていたものです。リウマチ専門医は、一定の条件を有する医師が、資格認定試験に合格して得られる資格です。リウマチ登録医は、日本リウマチ財団の講習会を所定時間数受講した医師を指しますが、必ずしも関節リウマチの専門家の医師とは限りません。リウマチ専門医とリウマチ登録医の違いとしては、試験の有無のほかに、登録医は院内掲示のみですが、専門医は院外への公示も認められている点があげられます。

関節リウマチの診断基準があります。この診断基準を満たす場合は明らかに関節リウマチと診断ができるケースといえます。問題になるのは初期の関節リウマチです。関節リウマチの初期は発症形態や経過に個人差が大きく、一定基準でくくることができません。そのため、初期関節リウマチと確定診断するのが難しく、早期診断には医師の経験と知識が頼りになってきます。

関節リウマチと診断できる絶対的な検査がありませんから、診察する医師の裁量に依存しているのが実情のようです。リウマチ専門医は、関節リウマチの豊富な診療経験があり、かつ最新の治療方法や研究動向に関する情報にも明るいといえます。いかに早い時期に経験豊富なリウマチ専門医の診察を受けるかが重要ともいえます。

※日本リウマチ学会認定の指導医:指導医は専門医養成のための研修指導者を指します。

 - 関節リウマチの病院

PC用

PC用

  関連記事